【偏食対応】北風と太陽

こんにちは♪ 幸せな食卓の惑星 管理栄養士 小林浩子です♪

イソップ物語「北風と太陽」

偏食対応にて

ブログ過去記事がありましたので、あらためて紹介させてくださいね。

過去記事 2015.9.17 「小4 不登校 娘の給食事情」

小4娘は、週に一回、学校へ行っています。

場所は相談室。

スクールカウンセラーの先生との時間を過ごすためです。

4時間目~給食 を食べて終わりです。

(中略)

スクールカウンセラーとの時間は、不登校になる前からありました。

不登校になってから、給食を一緒に食べる事になりました。

娘にとっては、教室ではなく、相談室という場所で、大好きなスクールカウンセラーの先生と給食を食べることができます。

私も、娘とスクールカウンセラーと、相談室で何度も給食時間を一緒に過ごしましたが、和気あいあいとしたリラックスした食事時間でした。

時々、娘の友だちのRちゃんも加わって食べます。

娘の給食は、職員室の先生方と一緒です。

職員室に入り、給食準備の手伝いをします。

好きなものは大盛りにしてくれ、嫌いな物は小盛りにしてくれます。

職員室の先生方は、校長、教頭をはじめ、クラスをもたない先生、スクールカウンセラー、事務の先生です。

みんな優しいと言っていました。

自分のクラスの教室には入れない娘ですが、このように、先生方とは、交流をしているようです。

相談室で食べる時は、スクールカウンセラーの先生とたくさんお話をしています。

嫌いな食べ物は、先生にあげていました。

好きな食べ物は、おねだりしていました。

教室での給食時間にはない、アットホームな雰囲気です。

その中ですと、嫌いな食べ物に、自ら挑戦する日もあります。

今までですと、見向きもしないのが、食べてみて「やっぱり嫌い」と、いう事があります。

口にはこぶというのが、娘にとっては、大きなステップなのでした。

安心した空間は、気持ちにゆとりをもたせるのですね。

一口でも食べるように、せっつかれる教室での給食時間。

と、

ゆったりした楽しい給食時間。

娘は、ゆったりした楽しい給食時間のほうが、嫌いな物も意欲がわきました。

まるで、北風と太陽のお話のようですね。

家庭でも、母親が、少しでも食べれるように一生懸命になるよりも、

母親自身が、楽しく食事時間を過ごしているほうが、

長い目でみると、良い方向にいくのかもしれませんね。

家庭の中において、

食べてくれるように躍起になっても、嫌がられませんか?

食事の内容よりも、気にしてほしいことがあります。

それは、見えない 圧力、パワー、エネルギーのこと。

子どものエネルギー < 母親のエネルギー の場合

母親のパワーが強ければ強いほど、子どもは萎縮してしまいます。(北風)

感じやすいお子さんなら、なおさら。

母親のパワーのベクトルを、

「楽しく食事を作る」に向けると、子どもの気持ちに逃げ道ができ、お互い ほどよい距離感が生まれてきます。

ほどよい距離感 = こころの余裕 (太陽)

こうなって初めて、子どもは「食べてみようかな」という気持ちになってくるようです。

「北風と太陽」

なるほど、ですよね。

では、まったね〜ヾ( ´ー`)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です