【離乳食】バナナしか食べません

バナナしか食べません

 

こんにちは♪ 幸せな食卓の惑星 管理栄養士 小林浩子です♪
 
 
 
生後7ヶ月のお子さんを持つお母様
 
 
「離乳食は、バナナしか食べません。
バナナしか食べないので、
最近は、お粥にバナナを混ぜて食べさせています。
これでいいのでしょうか。」
 
 
 
 
 
ご質問がありました。

 

 

正解はない

まず、ひとつ確認したいのは、「正解はない」ということです。
 
 
いくつかの方法を紹介します。
 
 
 
方法1:強制的にやめさせる
「心を鬼にして、がまんさせる」
→諦めて、他のものを食べてくれるだろう
 
 
方法2:分量を決める
「量を決めて、それ以上あげない」
→諦めてくれるだろう
 
 
方法3:飽きるまで、制限しない
「ほしいだけ、あげる」
→いつかは、飽きるはず
 
 
方法4:見守っていく
→活動量が増えて、お腹が空けば、
他のものを食べられるようになるはず
 
 
お母様自身が、心の負担にならない
ピンとくる方法を選んでくださいね。
 
 
もし、うまくいかなかったら、
他の方法を試せばいいのです。
 
 

ちなみに我が家は、上から試していき、方法3,4に落ち着きました。

 
 

Food Chainingという方法

質問のお母様の場合
「バナナ味なら食べるのかも」と思い、
お粥にバナナを混ぜたら、食べてくれました。
 
 
手法の一つに、摂食行動障害のアプローチとして、
FoodChainingという専門の方法があります。
 
 

「お粥にバナナを混ぜた」という発想から、一つの手法を紹介させていただきます。

 
 
こだわっている部分・食感や味、温度などを把握した上で、
食感は同じであるが、味が少し違うだけのものにチャレンジする。
 
 
レパートリーが一歩広がったら、
次に味は同じであるが食感が少しだけ違うものにチャレンジする。
 
 
このように少しずつ食域を広げていく手法です。
 
 
「離乳食でバナナしか食べない」ことを摂食行動障害にあてはめるのは、あまりにも大げさですが、方法としては、大いに参考になるかと思います。
 

今回のバナナの場合「お粥に混ぜたら食べた」

⭕️ は、こだわっているところ
△ は、少しこだわっているところ
❌ は、こだわっていない

⭕️ 風味(バナナ味)
△ 味覚 (甘さ)
△ 食感(ぐにゃっと手でつぶせる固さ)
❌ みため(バナナの形でなくてもいい)
❌ 温度(温かくてもよい)

 
バナナ風味と、ほんのり甘さと柔らかさがあれば、温度が温かくても大丈夫だったということです。
 
 
それだけでも、レパートリーは広がりそうですね。
 

<今後のチャレンジのアイデア>
・きな粉やゴマをふりかけてみる
・色がそんなに変わらない野菜と混ぜてみる(かぼちゃ・かぶなど)
・果物と混ぜてみる(りんご、なしなど)

 
などなど、
他の味を混ぜていくことによって
食域を少しずつ広げていって
最終的には、バナナの割合をなくしていきます。
 

それが、FoodChainingという方法です。

 

まとめ

・「ばっか食べ」を治す方法に正解はない。
・お母様自身が、負担のない方法を選んでいい。うまくいかなかったら他の方法を試せばいい。
・少しずつ幅を広げていくFoodChainingという手法がある。
 
 
<さらなる極意>
なにかのきっかけで、他の食べ物を食べるようになるなることがあります。
「こだわり」を認めながらも諦めずに待ってみると、チャンスがやってきます。
 
 
お子様にあった対応を、小さなうちに見つけておくと、成長とともに、あるかもしれない「食べてくれない(偏食)」対応が、とてもラクになります^^
 
 
 
では、まったね〜ヾ( ´ー`)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です